■スタンレー・カップ

スタンレー・カップ(Stanley Cup、 旧名Dominion Hockey Challenge Cup)は、NHL(北米プロアイスホッケーリーグ)において、プレーオフトーナメントの優勝チームに与えられる賞(トロフィー、カップ、杯)のことです。トロフィーの構造は、最上部にカップ(杯)があり、そのカップを何層かの金属製のリング(又はバンド)が支えています(金属製のバンドの層の数は時代によって変遷する。)。トロフィー全体の高さは、880 mm (35 1/4 インチ)、重さは 14.6 kg (32 lb) です(2005年現在の数値)。

トロフィーの上部についた杯は、実は2つ存在します。1つは、長年の風雪で老朽化した実物で、1970年からオンタリオ州トロントのホッケーの殿堂に展示されています。もう一つは、1960年代中盤にモントリオールの鍛冶屋カール・ピーターセンが製作した複製品で、プレイオフ優勝チームに授与されたり、広告宣伝活動に用いられたりするものです。また、下部のバンドも古いものは順次取り替えられて、ホッケーの殿堂に保管されています。

スタンレー・カップは、もともとはロンドンの鍛冶屋から10ギニー(当時の貨幣価値で、50ドルと等価)で購入された装飾用の椀であり、1892年に、アイスホッケーに魅了された時のカナダ総督、スタンレー卿 (Frederick Arthur Stanley, 16th Earl of Derby) によって寄贈されたものです(もっとも、アイスホッケーにより熱心だったのは、スタンレー卿の妻レディ・スタンレイとその息子達だったとする説も存在します)。

カップには、獲得チーム選手全員の氏名が刻まれます。この点は過去における例外を除けば、プロスポーツ界における優勝杯としては異例のことです。氏名を刻み込むスペースがなくなると、カップには新しい「区画」が加えられ、その代わりに古い「区画」はホッケーの殿堂へ飾られることになります。

スタンレー・カップにその名前が刻まれる条件は、レギュラー・シーズンのうち少なくとも41ゲームに出場し所属チームが優勝した時点でもそのチームに在籍するか、プレイオフ決勝戦に優勝チームの一員で出場するかとされますが、ケース・バイ・ケースでNHLの判断で認められる場合もあります)。

カップへの選手名刻印は、常に行われてきたことではなく、元来、スタンレー卿が示した条件では、「カップ優勝チームは、自らの費用で、自らの勝利を記念するためにカップに銀のリングを付け加えることができる」とされていました。

ところが結局のところ、リングは唯一つ、モントリオールAAA が付加したのみにとどまりました。その後、各優勝チームはこの唯一のリングに対し、スペースが1902年に無くなるまで名前の刻印を続けました。そして、スペースがなくなると1903年のモントリオールAAAから始まって1907年まで、杯そのものの表面にチーム名の刻印が行われたのです(このことは、各チームが第2のリングを付加する出費を厭ったものとする見方もあります)。特に、1907年のモントリオール・ワンダラーズは、杯の内側にその名を刻んでいます。

スタッフひとりひとりが丁寧に対応。子どもの正しい褒め方、育て方もお教えします! 子どもの頑張りに、素敵な贈り物!Kids Aword stykeの子ども向けトロフィー通販はこちら。 トロフィー・カップ・表彰楯・メダルなどの表彰グッズ各種を取り揃え、褒められることで子供たちが達成感を得ながら成長できるようお手伝いします。 トロフィーを贈りませんか?

Be the first to comment on "アイスホッケーのトロフィー"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


*