トロフィーとは

トロフィー(英: Trophy)は、主にスポーツの試合や競技会において優勝者に授与される優勝カップ・優勝楯・像などの総称です。広義には、スポーツ競技や各種のコンテストなどで入賞をたたえて授与される記念の飾りものをいいますが、狭義には、カップや旗、楯などと区別して、主としてスポーツの種別やコンテストの内容を表す彫像を一部に取り付けた柱状で金属製の記念品を指します。彫像に直接台座を付けたものとか、カップに彫像をのせたもの、あるいは彫像がなくスポーツの種別などを表示するなんらかの用具だけでデザインされているものなど種類は多岐に渡っています。たいていは、金・銀のめっきやアルミ箔の蒸着で金色か銀色に豪華に装われ、台座には、入賞を記録した文字が刻印されるプレートが付いています。
元々は戦利品を意味し、勝利の女神に祝福された勝者を称える儀式的な意味合いがあります。スポーツ以外の文化・芸術などの分野でも競技会の優勝者にトロフィーが授与される場合もある。基本的にトロフィーは優勝者に贈られるものですが、各種大会においては成績上位者(入賞者など)に小型のトロフィーが授与される事も珍しくありません。また、狩猟で仕留めた鹿などの首から上の部分を剥製にするなどして、壁に飾ったりするものをハンティング・トロフィー(狩猟戦利品)といいます。
トロフィーの起源は古く、戦争で敵から奪い取った鎧・盾などを飾る慣習がもとであると言われています。トロフィーの語源はギリシャ語の「Tropaion」に由来します。
「Tropaion」には戦利品、戦勝トロフィーという意味があります。 日本においても現在さまざまな場面で、トロフィーを授与する場面が見受けられます。紀元前の硬貨・テトラドラクマ銀貨の裏面には、柱に飾られた戦利品の甲冑に勝利の女神・ニケが銘文を刻もうとしている様子が描かれており、古くからの慣習であったと言えます。歴代の大会優勝者等を記した細長いペナントが取り付けられることもあります。
また、各スポーツによってトロフィーの種類も様々なものに分かれます。

Be the first to comment on "トロフィーとは"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*