天皇杯

天皇杯(てんのうはい)とは、日本において、様々な競技で優勝したものに対して贈られる賜杯(トロフィー、盾など)のことで、また、その賜杯が送られる大会名です。
本来は天皇賜杯(天皇から賜った記念杯)という名称が正しいですが、大相撲や軟式野球などを除き天皇杯と呼ぶのが一般的である(大相撲の場合は賜杯と呼ばれることがほとんどです。又大相撲ではかつて菊花大銀盃と言う事もあった)。戦後すぐの頃までは、直接トロフィーや盾を下賜されるケースのほか、御下賜金を元に作成されたトロフィーも同様に呼ばれていましたが、現在はトロフィーや盾を下賜されたもののみを天皇杯と呼ぶことになっています。
ここでいう競技とはスポーツ競技のみではなく、農林技術などの競技も含まれます。天皇杯の下賜が行われていた頃は原則としてアマチュア競技のみが対象となっていましたが、現在ではプロ・アマは関係無くなっています。
これらは全て宮内庁を通じて競技大会を運営する団体に対して下賜されており、原則として一競技につき一つとなっています。そのため、原則として各競技の日本一決定戦で採用され、一般的にはその競技の日本一のチームに下賜されている場合が多いです。但し、硬式野球の場合は、競技の普及過程における歴史的な経緯の関係で、東京六大学野球の優勝チームという対象が極めて狭い範囲となっています。またバレーボールのように賜杯を授与する大会が変わるケースもあります。
男女別に行われる競技では、男子に天皇杯が下賜されている場合、女子に対して皇后杯を下賜しているケースも存在します。しかし、必ずしも男女ともに贈られるわけではなく、競技によっては男子のみの下賜となっています。
近代スポーツ史において天皇杯の下賜を受けた最初の事例は競馬にあり、1880年6月9日に横浜の居留外国人で組織された横浜レース倶楽部が主催し、明治天皇から銀製の花瓶が下賜された「Mikado’s Vase」競走を嚆矢とします。馬事一般に興味が深かった明治天皇は横浜競馬に対して酒杯や花器などの賞品をたびたび下賜し、これらが争われた競走はいずれも英語で「The Emperor’s Cup」や「The Emperor’s Gift」などと呼ばれました。競馬の天皇賞はこれらの競走の流れを受け継いだものであり、直接的な起源は1906年に東京競馬会が御紋付銀鉢の下賜を受けて開催した帝室御賞典です。

Be the first to comment on "天皇杯"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


*