野球のトロフィー

■コミッショナーズ・トロフィー
コミッショナーズ・トロフィー(Commissioner’s Trophy)は、野球のメジャーリーグベースボールにおいて、優勝決定戦 “ワールドシリーズ” を制したチームに授与されるトロフィーです。毎年ひとつ製造され、優勝チームに贈られます。現在のトロフィーは1999年にティファニーがデザインしたもので、アメリカンリーグとナショナルリーグの合計チーム数を表す30のペナントが立つ形状をしており、土台部分を除いた高さは約70cm。重さは約13.6kgです。スターリングシルバー製で、金メッキされています。見積価格は約15,000ドルだそうです。
現在のトロフィーは、アメリカンリーグとナショナルリーグの合計チーム数を表す30のペナントが立つデザインとなっています。NHLのスタンレー・カップ 、NFLのヴィンス・ロンバルディ・トロフィー、NBAのラリー・オブライエン・トロフィーとは異なり、アメリカ合衆国の4大スポーツリーグの中では唯一、トロフィー名に特定の人物の名が冠されていません。
トロフィーの旗(30個)はア・リーグ、ナ・リーグ全球団のチーム旗を表しています。その年のワールドシリーズに出場した2チームは球団旗のデザイン入りになっています。このトロフィーが登場したのは1967年のワールドシリーズが初めて。それ以来(ストライキがあった1994年以外は)毎年ワールドシリーズチャンピオンチームに渡されています。NHLのスタンレーカップと違い、毎年新しいものが作成されています。現在のトロフィーはTiffanyの特注製品であり、純粋な価格だけでも約15,000ドルの価値があります。トロフィーは高さ約61センチ、台座の直径が約24センチあります。純銀製で重さは約14キロ。現在のデザインになったのは2000年からだそうです。

Be the first to comment on "野球のトロフィー"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


*